ゆとさと世代の夢追い物語~20代からはじめる資産形成~

ポイントを貯めてお小遣いに!将来のために資産を増やしたい!そんな方が知って得する、ポイントサイトやクレジットカード、投資などに関する情報を、個人の運用実績とともに紹介していきます。

2020年インデックス投資方針

こんばんは、ゆとさと(@yutosato23)です。

 昨夜はインデックス・ファンドの購入金額をどうしようか考えていたら、いつの間にか寝落ちしておりました(笑)ですが、ようやく無事に決まりましたので、ここに宣言としてまとめておきます。

2020年インデックス投資方針

「2020年のインデックス投資は、2019年と同じです!」

 2020年は、積立NISAから一般NISAへ変更しているため、特定口座でのインデックス投資となります。そのため、積立NISAのときのように毎日積み立てることができません。

 というわけで、「毎月2回、好きなタイミングで、一定の金額ずつ購入する」という方法を採用したいと思います。

 日経やダウが下げたあたりで購入、これを毎月繰り返す方法は、水瀬ケンイチさんが実践されている方法になります。積立日がいつであろうと、長期的なリターンに大差ないとは思いますが、せっかく毎日自動積立ができないのならば好きなタイミングで積立したい!そう思ったので、2020年はこの方針で行きます!!

 過去の積立NISAによる積立実績はこちらにまとめてありますので、よかったらご覧ください。

yutosato23-frugalblog.hatenablog.com

 

【積立NISA】2019年の積立実績

 2019年は、年間を通して6つのファンドを積立しました。

f:id:yutosato23:20200125090752p:plain

【積立NISA】2019年積立金額(1日あたり)

 資産クラスごとの比率では、下記のようになります。

f:id:yutosato23:20200125090951p:plain

【積立NISA】2019年積立資産クラス比率

 全世界株式ファンドの約6割、先進国株式の約7割が、アメリカの株式となっています。そのため、S&P500など米国株オンリーのインデックスファンドは保有していないものの、約半分はアメリカ株式で構成されています。また、アメリカに限らず、日本などその他の国々も、結果的には全世界株式ファンドの構成比率と大差ないと思われます。

 このように保有ファンドが細分化している背景は、過去の楽天銀行のポイントプログラムですが、リスクを軽減したいという思惑もありました。

 今では、eMAXIS Slimシリーズが手数料の値下げにより不動の地位を確立しつつあります。しかし、2018年・2019年当時、スタートしたばかりのeMAXIS slimシリーズについて、実質運用コストや人気推移は読みにくい状況でした。また、今後20年以上運用していく中で、人気がなくなり早期償還リスクが生じることもないとは言い切れません(可能性はないに等しいとは思いますが…)。

 分散させる効果はほとんどなくとも、管理する手間が増えないのであればやっておきたいという個人的な考えで、2020年も同様の方針で積立を行います。

【特定口座】2020年の積立方針

 2020年の特定口座におけるインデックス投資は、以下の比率で毎月積立を行います。

f:id:yutosato23:20200125093059p:plain

【特定口座】2020年のインデックス積立方針

この表の金額は月額、 つまり月に2回行う買付の合計金額になります。1回の積立では、各ファンドの積立額の半分ずつ購入するようにします。

 インデックス投資は、機械的に手間をかけずにが最も良いと思います。ですが、単調すぎると長続きしないおそれもあるので、金額で縛りながら月の中での購入時期を選択することでゲーム的な要素を取り入れたいと思います。また、買付できるチャンスを2回にすることで、買付後に好機が来た場合の買いたい衝動を抑えたいと思います(笑)

 兎にも角にも、インデックス投資は「継続」が大切です。個別株投資を行いつつ、インデックス投資を行うハイブリッド投資は、自分自身の精神的な支えとなるはずです。まずは、少額から自分に合う投資方法を模索してみるのが良いのではないでしょうか。

 

「楽天銀行×ネオモバ」を検証!実質"配当利回り"2倍も可能?!

こんばんは!

12月のような配当金ラッシュが早く来てほしくて待ちきれない ゆとさと(@yutosato23)です。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

楽天銀行×ネオモバ」を検証!実質"配当利回り"2倍も可能?!

f:id:yutosato23:20200121020440j:image

 10月に掲載して以来、多くの方にご覧いただいている「楽天銀行」と「ネオモバ」を活用した配当利回りの向上施策。今月ついに、先月12月の配当金入金ラッシュを受けて大きな成果が現れました。

yutosato23-frugalblog.hatenablog.com

 楽天銀行の「配当金受取プログラム」は、楽天銀行株式配当金を受け取ると、一件につき10円を翌月に獲得できるというキャンペーンです。

 注意点・留意事項は以下の3点です。

・毎月エントリー必須

・一般NISAで日本株を所有している場合、配当金が非課税とならない

・権利確定日までに配当金受取方式の変更が必要(変更から受取まで3ヶ月ほどかかる)

 特に二点目の、一般NISAで国内の配当金が支払われる銘柄をNISA口座で保有している場合、配当金は課税対象となってしまいます。一般NISAで、オリックスJTなどの高配当銘柄を保有されている方は、証券口座で配当金を受け取るようにしましょう!10円のために、税金分1000円ほどを逃すのは大損失です…。

 

受取配当金実績と配当利回り一覧

 楽天銀行の「配当金受取プログラム」で受け取った金額と合わせて、各銘柄の配当利回り(実績)を確認したいと思います。先月(12月)と今月(1月)の合わせて2ヶ月分になります。

※配当金は税引き後(1株あたり)、株価は権利確定日時点になります。

<12月分:20円>

ビックカメラ<3048>

 株価:1057.0 配当金:9円 <配当利回り:0.9%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:1.8%>

関西電力<9503>

 株価:1393.5 配当金:20円 <配当利回り:1.4%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:2.2%>

 

<1月分:150円>
f:id:yutosato23:20200121014143j:image
伊藤忠商事<8001>

 株価:2294.5 配当金:35円 <配当利回り:1.5%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:2.0%>

・丸紅<8002>

 株価:755.9 配当金:14円 <配当利回り:1.9%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:3.2%>

住友商事<8053>

 株価:1773.5 配当金:36円 <配当利回り:2.0%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:2.6%>

双日<2768>

 株価:349.0 配当金:7円 <配当利回り:2.0%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:4.9%>

三菱商事<8058>

 株価:2734.5 配当金:52円 <配当利回り:1.9%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:2.3%>

・リコー<7752>

 株価:1011.0 配当金:12円 <配当利回り:1.2%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:2.2%>

KDDI<9433>

 株価:2904.0 配当金:45円 <配当利回り:1.5%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:1.9%>

三菱ケミカル<4188>

 株価:809.6 配当金:16円 <配当利回り:2.0%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:3.2%>

オリックス<8591>

 株価:1709.0 配当金:28円 <配当利回り:1.6%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:2.2%>

三井物産<8031>

 株価:1831.5 配当金:32円 <配当利回り:1.7%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:3.2%>

丸井グループ<8252>

 株価:2330.0 配当金:23円 <配当利回り:1.0%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:1.4%>

ソフトバンク<9434>

 株価:1536.5 配当金:34円 <配当利回り:2.2%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:2.9%>

イオンフィナンシャルサービス<8570>

 株価:1742.0 配当金:24円 <配当利回り:1.8%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:2.0%>

ソフトバンクグループ<9984>

 株価:4441.0 配当金:18円 <配当利回り:0.4%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:0.6%>

・システム情報<3677>

 株価:1027.0 配当金:12円 <配当利回り:1.2%>

 ⇒配当金 + 10円 <実質配当利回り:2.1%>

 

 まとめ

 楽天銀行の配当金受取プログラムは、1件につき10円が獲得できます。つまり、どんなに金額が小さくとも、反対に大きくとも、同じ1件であり10円しかもらえません。証券口座を複数持っていても同様です。

 双日のような1株当たりの株価が低く、配当利回りが高い銘柄の場合には、実質的な利回りが大きく改善します。(配当金および実質配当利回りを合わせると、双日なら約2.5倍。)

 1件当たり10円と小さいので、買い増しして保有株数を増やした場合には、利回りの向上効果はごく僅かとなります。しかしながら、配当金を受け取るだけでジュース1本分相当がお得になると思うと、やる意義はあるのではないでしょうか。

 確定申告時の手間やNISA口座の使用状況などを踏まえ、十分に検討したうえではじめてみてください。

 

 最近話題のネオモバは、実質手数料ほぼ無料で1株から日本株を購入することができます。Tポイント(期間固定ポイント含む)を使用して購入することも可能です。少額から投資をはじめて見たい方や、サブ口座として利用したい方におすすめです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 この楽天銀行の配当金受取プログラム、国内株を一般NISAで保有する場合には活用できないのが残念なところです。そのため、2020年のNISA口座は外国株のみにしようと思っています。

 楽天銀行に改悪されないことを祈って、活用してみてはいかがでしょうか。

【舘山寺温泉】ホテルウェルシーズン浜名湖-華咲の湯

 こんばんは!ゆとさと(@yutosato23)です。

今回は、家族でしばしば訪れる、舘山寺温泉の「ホテルウェルシーズン浜名湖」をご紹介いたします!

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

舘山寺温泉】ホテルウェルシーズン浜名湖-華咲の湯

f:id:yutosato23:20200119151959j:image

 舘山寺温泉は、静岡県西部の浜松市にある温泉街です。浜名湖に面しており、浜名湖パルパル浜松市動物園、フラワーパークなどが近くにあるため、小さなお子さま連れのご家族におすすめです。

 2017年の大河ドラマおんな城主 直虎』が放映されると、直虎ゆかりの地として注目を集めました。また、『マツコの知らない世界』で、日本唯一の「"湖上"ロープウェイ」が紹介されるなど、近年盛り上がりを見せています。

 ちょうど1/18(土)放送の『ブラタモリ』でも、タモリさんが舘山寺温泉を訪れていました。

f:id:yutosato23:20200119151838j:image

 舘山寺温泉には複数のホテルがありますが、今回ご紹介するのは「ホテルウェルシーズン浜名湖」です。

ホテルウェルシーズン浜名湖

f:id:yutosato23:20200119171557j:image

 「ホテルウェルシーズン浜名湖」は、前身の「遠鉄ホテルエンパイア」の老朽化に伴い、2009年にリニューアルオープンしました。

 静岡県で最大級のリゾートホテルであり、日帰り温泉は「華咲の湯」という名称で親しまれております。宿泊と日帰り温泉(ランチバイキング)のどちらでも、一日中ゆっくり温泉と食事を満喫できます。

 運営を行っているのは、遠鉄観光開発です。遠鉄観光開発は、静岡県西部の遠州地方を中心に、バスや電車からスーパーや不動産など幅広い事業を営んでいる遠州鉄道株式会社(非上場)の子会社です。

 これくらいで堅苦しい紹介は置いといて、ウェルシーズン浜名湖の魅力を挙げていきます!

f:id:yutosato23:20200119172001j:image

魅力①バイキング

f:id:yutosato23:20200119162917j:image

 個人的ダントツ1位は「バイキング」です。宿泊なら夕食と朝食の2回、日帰りなら昼食を楽しむことができます。

 地元の特産品や季節を取り入れたバイキングは、出来立てかつ品数が豊富!デザートも手作りケーキやタルトなど、たいてい10種類以上並んでいます。

f:id:yutosato23:20200119163019j:image

魅力②温泉

f:id:yutosato23:20200119163930j:image

 "舘山寺温泉"ですから、もちろん温泉も魅力的です。

 日帰り温泉「華咲の湯」には3つの温泉があります(3つうち2つは、月単位で男女が入れ替わります)。つまり、常に男女ともに2つの温泉を楽しむことができるのです。

f:id:yutosato23:20200119163948j:image

 宿泊の場合には、宿泊者専用の露天風呂もあります。こちらは洗い場と露天風呂1つというシンプルなつくりですが、のんびりお風呂に入りたい方にはおすすめです。

 また、「華咲の湯」にはマッサージチェアなど、くつろぎスペースがあり、日常の喧騒から離れた時間を過ごすことが可能です。漫画コミックスも揃っており、読みたい本を横になりながら読むことも可能です。

 宿泊の場合、チェックイン前に「華咲の湯」を無料で利用でき、チェックアウト後も「華咲の湯」を無料で利用できます。そのため、時間さえあれば、お部屋とお風呂でほぼ丸2日間過ごすことができてしまいます。まるでお正月の実家に温泉が付いた感じで。(笑)

魅力③サービス

f:id:yutosato23:20200119164713j:image

 従業員の方々の接客・サービスも満足のいくホテルだと思います。

 また、誕生月に届く葉書を持参すると、サプライズがありました。

 具体的には、夕食時にケーキと写真撮影というサプライズがあります。その前に、チェックイン時に誕生日のお祝いの品も貰えることもあります。そして、チェックアウト時には、撮影した写真を受け取ることができます。

f:id:yutosato23:20200119165135j:image

 最初から最後までお祝いしていただけるので、ご家族やご友人の誕生日に訪れてみるのも良いかもしれません。

納得の高評価!

 「ホテルウェルシーズン浜名湖」は、リニューアルオープンして以来、高い評価を得ているようです。

f:id:yutosato23:20200119165927j:image

 じゃらんをはじめとする各種旅行サイトで、4点台後半。これが食べログなら、つい疑ってしまいそうです(笑) ただ、実際に利用してみると、"新しい・綺麗・美味しい"なので納得です。

 若者向けの観光地・施設は、残念ながら少ないと言えます。しかし、「温泉と食」を目的に行くのであれば、子どもから年配の方まで、どなたでも満足できると思います!特に東海地方の方なら、遠くの温泉地に行くより断然コスパがいいです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 休日は満室が多く、平日もかなりの稼働率だと思われます。行かれる際には、お早めのご予約をおすすめします。その際に、公式サイトから予約すると館内利用券が500円×2もらえます!

f:id:yutosato23:20200119170820j:image

f:id:yutosato23:20200119171736j:image

【積立NISA】過去2年間の投資実績と運用状況

こんばんは、ゆとさと(@yutosato23)です。

 2020年、そして、24歳になって初めての記事となります。昨年末以降、彼女と過ごす時間に現を抜かしておりました(笑) 結婚生活や子育てとブログを両立している方々は改めてすごいなと、尊敬の想いでいっぱいです。

 若輩者ではありますが、これからも応援していただけると非常に嬉しいです。今年もよろしくお願いいたします。

【積立NISA】過去2年間の投資実績と運用状況

 2018年の夏前に投資をはじめて以来、約1年半が経ちました。

 新社会人となり時間を持て余してた頃、最大の関心事は「お金」でした(もちろん、自己啓発本も読んでいましたよ!念のため言っておきます…笑)。小さい頃から「増えていく通帳残高を見ること」が趣味であったボクは、社会人になって「自分で稼いだお金をどうにか活用して、将来少しでも良い暮らしをしたい!」と考え、とにかくスマホでブログを読み漁っていました。

 そんな折に出会ったのが、水瀬ケンイチさんの本『お金は寝かせて増やしなさい』とブログ『梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)』。

 この本とブログに出会っていなかったら投資をしていなかったでしょうし、ましてやブログやツイッターをやろうとは思ってもいなかったでしょう。わかりやすい情報によって刺激してくれたことを本当に感謝していますし、かつての自分のような人に良い影響を与えられる存在になれたらいいなと思っております。

 

 だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、2年間の積立期間が終了したので、各年別の投資実績と運用状況を振り返ってみたいと思います。

 

 

【積立NISA】2018年の投資実績と運用状況

 2018年は、6月に証券口座および積立NISA口座を開設したため、約半年間での投資となりました。投資したファンドは次項のとおりです。

【積立NISA】投資商品<2018年>

国内株式

 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

 先進国株式

 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド

新興国株式

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

アクティブファンド

ひふみプラス

 

【積立NISA】投資商品の最新運用状況<2018年>

国内株式

<ニッセイTOPIX

取得価格: 27,914円

評価額 : 29,782円(+1,868円、+6.7%)

先進国株式

eMAXIS Slim 先進国>

取得価格:209,241円

評価額 :238,755円(+29,514円、+14.1%)

<ニッセイ外国株>

取得価格: 83,544円

評価額 : 96,327円(+12,783円、+15.3%)

新興国株式 

eMAXIS Slim 新興国

取得価格: 72,144円

評価額 : 79,927円(+7,783円、+10.8%)

アクティブファンド

<ひふみプラス> 

取得価格: 72,144円

評価額 : 79,927円(+7,783円、+10.8%)

 
【積立NISA】2018年分の最新運用状況

取得価格:398,525円

評価額 :451,176円(+52,651円、+12.9%)

 期間の途中で積立金額の配分変更を行った影響もあり、日本株ファンドのリターンが低くなっていますが、全体では10%を超える含み益となっております。

 

【積立NISA】2019年の投資実績と運用状況

 2019年は、1年間を通して投資が行えたため、毎月の積立金額はほぼ一定です。投資したファンドは以下のとおりです。

【積立NISA】投資商品<2019年>

国内株式

 <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

 先進国株式

 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド

新興国株式

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

全世界株式 

 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

アクティブファンド

ひふみプラス

 

【積立NISA】投資商品の最新運用状況<2019年>

国内株式

<ニッセイTOPIX

取得価格: 21,855円

評価額 : 23,317円(+1,462円、+6.7%)

先進国株式

eMAXIS Slim 先進国>

取得価格: 91,161円

評価額 :104,019円(+12,858円、+14.1%)

<ニッセイ外国株>

取得価格: 90,894円

評価額 :104,802円(+13,908円、+15.3%)

新興国株式 

eMAXIS Slim 新興国

取得価格: 79,122円

評価額 : 87,658円(+8,536円、+10.8%)

全世界株式

楽天・全世界株式>

取得価格: 66,400円

評価額 : 75,476円(+9,076円、+13.7%)

eMAXIS Slim 新興国> 

取得価格: 48,750円

評価額 : 54,330円(+5,580円、+11.4%)

アクティブファンド

<ひふみプラス> 

取得価格:    118円

評価額 :    133円(+15円、+12.6%)

 

 
【積立NISA】2019年分の最新運用状況

取得価格:398,300円

評価額 :449,735円(+51,435円、+12.9%)

 2018年末に積立商品および金額を見直したために、2018年に注文されていたひふみプラスが若干入っています。全体の評価損益は、2018年積立分と同率のプラスとなっています。購入単価が平準化されていること、最近の株高に乗れていることの表れと言えるのではないでしょうか。

 

今後の方針

 2020年は一般NISAに変更しましたので、積立NISAでインデックス投資を続けることはできません。しかし、インデックス投資には、取得価格の平準化や長期投資の実現において意義があると考えていますので、特定口座にて同程度の金額規模で継続予定です。2019年のハッピープログラム(楽天銀行)の改悪等も踏まえ、積立対象のファンドおよび積立方法については再考中です。(おそらくeMAXIS Slimシリーズで統一になると思われます)

 現時点での投資成績は、インデックス投資が勝っています。つまり、「市場平均に勝てる投資家はごく僅か。インデックス投資が最も合理的である。」という考えを身をもって経験しております。ですが、必ずしも合理的には生きられないのが人間というもの。

 個別株のキャピタルゲインや配当金、株主優待といった楽しみは、合理的なリターンを得ることと同じくらいの喜びや楽しさを与えてくれると考えます。だからこそ、インデックス投資と個別株投資を併用することで、バランスよく資産を増やしながら幸福度を上げていけたらと思います。それぞれの考え方や良さを尊重しつつ、楽しくやっていけることを願っています!

12/31まで!ふるさと納税 in 2019

こんばんは、ゆとさと(@yutosato23)です。

 2019年もあと30時間ほど。もうやり残したことはありませんか?ボクはふるさと納税も目一杯やり切りました!

12/31まで!ふるさと納税 in 2019

f:id:yutosato23:20191230005127j:plain

富士急ハイランド

 年末となり、2019年の収入が確定したのではないでしょうか。ボクも4月に一度ふるさと納税はしておりましたが、実績が出たことで改めて見直しをしました。その結果、3万円ほど追加できそうだったので、今回追加納税しました!

納税先は「富士河口湖町

 2019年は、ふるさと納税に関する法律が改正された年でした。昨年もらえた金券等の大幅な還元が制限され、納税額の3割ほどに返礼品は落ち着いています。

 その中で、今回選択したのは「富士河口湖町」です!こちらの返礼品は、『富士急ハイランド フリーパス・ペア招待券』になります!

f:id:yutosato23:20191230002828j:plain

富士河口湖町 ふるさと納税

 富士急ハイランドは、絶叫系アトラクションが多数あり、絶叫好きには堪らない聖地です!(学生時代行きたい行きたい言っておりましたが、行ったことはありません…)

 

 フリーパスの定価は、一人あたり5,800円。

f:id:yutosato23:20191230003244j:image

 一方、返礼品としてフリーパスをもらうために必要な金額は、32,000円。

 フリーパス2人分がもらえる富士河口湖町へのふるさと納税は、36.25%となります。

 

 さらに、楽天市場から購入(納税)すれば、楽天ポイントも還ってきます!

f:id:yutosato23:20191230003737j:plain

富士河口湖町 ふるさと納税 楽天市場

 最後に楽天市場で買い物をしたのが1年以上前のボクは1,760ポイント獲得予定です。

 

 今回初めて楽天ふるさと納税を活用しました。残念ながら、ANAのサイトには納税先として掲載がなく、ふるなびよりも楽天の方がお得でした。

f:id:yutosato23:20191230004133j:plain

富士河口湖町 ふるさと納税 ふるなび



 さらに、ちょびリッチやハピタスを経由すれば、+1%のポイント還元が受けられるはずです!!

f:id:yutosato23:20191230005219j:plain

楽天市場 ちょびリッチ

(楽天市場からふるさと納税をするのは初めてのため実績はないですが、対象外等の記載はないため問題ないはずです) 

ちょびリッチとは?

sp.hapitas.jp

返礼品&楽天ポイント&クレジットカードのポイント&ちょびリッチorハピタスのポイント、全て獲得すれば40%近い還元となります。

富士急にはボクも彼女も行ったことがありません。なので、誕生日かホワイトデーのプレゼントにしようと思います。まだふるさと納税をしていない方はお早めに!

【配当金】受取配当金の累計実績まとめ(19年12月29日時点)

こんばんは!ゆとさと(@yutosato23)です。

 2019年も残りわずかとなりました。配当金実績も確定したので、改めてまとめたいと思います。

【配当金】受取配当金の累計実績まとめ(19年12月29日時点)

 投資を初めて2年目の2019年。投資方針の変化により、受取配当金額は大きく増加しました。ただ、2019年の年間配当金は目標の10万円にあと一歩届かずでした。

【配当金】日本株:114,135円(2018年12月~) 

 日本株の配当金受取額の累計は「114,135円」となりました。2019年に限ると「98,872円」です。

f:id:yutosato23:20191227101925p:plain

日本株 受取配当金 実績

 前回からは「+5,527円」の増となっております。内訳は以下のとおりです。

 ・ソフトバンクグループ(9984): 3,630円

 ・システム情報(3677): 1,150円

  楽天証券SBI証券保有している単元株と、ネオモバで保有している単元未満株の合算値となっています。

 

 ネオモバを利用すれば、通常の証券会社では手数料が高くて割に合わない端株取引(1株~の売買)を、実質20円/月~行うことができます。保有資産が少なく、入金力が弱いボクのような若手サラリーマンには、銘柄と時間を分散した投資を行うための強い味方です。また、Tポイントで個別株を購入することが可能で、期間固定Tポイントの使い道としても最適です。

 

【配当金】米国株:6.82ドル(2019年8月~) 

 米国株の配当金受取額の累計は「6.82ドル」となりました。

f:id:yutosato23:20191227102033p:plain

米国株 受取配当金 実績

 ・ジョンソンエンドジョンソン(JNJ):0.70ドル

マイクロソフト(MSFT):0.39ドル

 日本株比率を下げ、米国株比率を高めると宣言していた2019年。結果的に、保有資産に占める米国株の割合は1割ほどです。総じてみると、円安株高で堅調な相場であったためです。

 来年も米国株への移行は焦らずゆっくり行っていきたいと思います。理想は、日本株の配当金でキャッシュ(円)を獲得し、円高株安のタイミングでドル転、米国株の買い増しです。おそらく目論見どおりにはいかないと思いますが、じっくり機を待ちたいと思います。

 

【配当金】まとめ

 米国株の配当金を日本円に換算(1ドル=109.478円)した場合、受取配当金の累計実績合計は「114,881円」となります。

 2019年に限ると「99,618円」です。年間配当金10万円には、本当にあと一歩届かず…。来年2020年は、「年間20万円」を目標にがんばります!

 

 ネオモバのおかげか、良好な相場環境のおかげか、投資成績は上向きとなっています。個人的にはキャッシュ比率が低下してしまったので、もう少しだけこの相場が続いてほしいです…汗

 早く年間配当100万円を達成したいですが、焦らず地道にコツコツ積み上げていきます!これからも応援よろしくお願いします。

 

【配当金】受取配当金の累計実績まとめ(19年12月8日時点)

おはようございます!ゆとさと(@yutosato23)です。

 昨日のJリーグ最終節、清水エスパルスが無事に勝利で残留を決めることができ、安堵しております。残すは天皇杯の2試合、勝って新国立競技場で笑いたいです!!旧国立競技場では2度悔しい思いをしたので…

【配当金】受取配当金の累計実績まとめ(19年12月8日時点)

 12月となり、令和元年の2019年も残り20日ほどです。最近は一年が本当にあっという間。気づいたらアラサーになってそうです(笑)

 そしてついに、待ちに待った3月決算銘柄の中間配当金ラッシュがついに始まりました!11月末時点の配当金実績はこちらです。

yutosato23-frugalblog.hatenablog.com

【配当金】日本株:108,608円(2018年12月~) 

 日本株の配当金受取額の累計は「108,608円」となりました。ドル/円レートっぽい…?!(笑)

 ついに累計で10万円を突破しました!2019年に限ると「93,345円」で、今月中には年間配当金収入が10万円を超えそうです。10万円を1ヶ月あたりにすると1万円弱なので、スマホ料金と光熱費(電気・ガス・水道)に相当します。そう考えると、10万円突破は、不労所得生活への第一歩かなと思います。次の目標は「年間20万円」です!

f:id:yutosato23:20191208005546p:plain

日本株 受取配当金 実績

 前回からは「+43,292円」の増となっております。高配当銘柄である商社・通信の入金が重なったためです。内訳は以下のとおりです。

<商社> 

 ・三菱商事(8058):10,506円

 ・三井物産(8031): 3,220円

 ・伊藤忠(8001): 3,422円

 ・住友商事(8053): 7,208円

 ・丸紅(8002): 2,979円

 ・双日(2768): 3,614円

 <通信>

 ・ソフトバンク(9434): 3,557円

 ・KDDI(9433):   45円

<金融 他>

 ・オリックス(8591): 2,818円

 ・丸井グループ(8252): 2,254円

 ・三菱ケミカル(4188): 1,594円

 ・関西電力(9503): 1,993円

 ・イオンフィナンシャル(8570):   70円

 ・リコー(7752):   12円

  金額が小さいKDDIやイオンフィナンシャルは、ネオモバで買った端株です。また、その他の銘柄の配当金額についても、楽天証券SBI証券保有している単元株と、ネオモバで保有している単元未満株の合算値となっています。

 

 ネオモバを利用すれば、通常の証券会社では手数料が高くて割に合わない端株取引(1株~の売買)を、実質20円/月~行うことができます。保有資産が少なく、入金力が弱いボクのような若手サラリーマンには、銘柄と時間を分散した投資を行うための強い味方です。また、Tポイントで個別株を購入することが可能で、期間固定Tポイントの使い道としても最適です。

 

【配当金】米国株:5.73ドル(2019年8月~) 

 米国株の配当金受取額の累計は「5.73ドル」となりました。

f:id:yutosato23:20191208005553p:plain

米国株 受取配当金 実績

 ・ビザ(V):1.95ドル

 NYダウは高値圏といわれておりますが、まだまだ上げそうな雰囲気もありますね。アメリカ企業の株は、売却益のキャピタルゲインと配当収入のインカムゲインのどちらも狙えて魅力的です。保有している僅かな米国株たちも気づいたら含み益に。徐々に米国株比率を高めていきたいのですが、ここまで上がってしまうと買う気になれない…。2018年に買った日本株は未だに含み損を抜け出せていない銘柄もあるので、慎重にいきたいと思います。なんとか株安・円高まで、我慢してキャッシュをホールドせねば…。

【配当金】まとめ

 米国株の配当金を日本円に換算(12/6時点の1ドル=108.553円)した場合、受取配当金の累計実績合計は「109,230円」となります。

 今後の方針としては、日本国内の高配当株・成長株への投資をメインに投資を継続していきます。その中で、暴落に備えて利確しつつ、適度なキャッシュを準備していくつもりです。 

 明後日はボーナス支給日です!すぐに株を買いたくなりますが、現時点での資金の全力投入はリスクが大きそう…。ネオモバで購入欲を満たしながら、冷静に下がった銘柄にコツコツ再投資していきます!